最新醫學 = The medical frontline  26(6)(303)

国立国会図書館雑誌記事索引 5 (1) 1950.01~5 (11) 1950.11 ; 10 (1) 1955.01~;本タイトル等は最新号による;56巻5号以降の並列タイトル: The medical frontline;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集<Radioimmunoassay>-最近の進歩と展望- / / p1023~1147<8218640>
  • ラジオインムノアッセイの歴史と将来の展望 / 鎮目 和夫 / 1024~1026<8218663>
  • Radioimmunoassayの原理と問題点 / 井村 裕夫 / 1027~1034<8218642>
  • 標識ホルモン作製法の理論と実際 / 倉田 邦夫 / 1035~1040<8218643>
  • 結合型(B)と遊離型(F)の分離法 / 熊原 雄一 / 1041~1048<8218644>
  • 131Iと125Iの計測法 / 上柳 英郎 / 1049~1052<8218645>
  • インスリン / 平田 幸正 / 1053~1058<8218647>
  • Radioimmunoassayによる人成長ホルモン測定法の実際と正常値 / 入江 実 / 1059~1064<8218648>
  • FSHとLHのRadioimmunoassay 測定法の実際と正常値 / 玉田 太朗 / 1065~1072<8218649>
  • 絨毛性ゴナドトロピン(HCG)のrapid radioimmunoassay:抗HCG polymerを使用する方法 / 礒島 晋三 / 1073~1078<8218650>
  • TSH / 福地 稔 / 1079~1084<8218651>
  • ACTH / 松倉 茂 / 1085~1090<8218652>
  • ガストリン / 松尾 裕 / 1091~1096<8218654>
  • グルカゴンのRadioimmunoassay / 大根田 昭 / 1097~1103<8218655>
  • 抗利尿ホルモン(Arginine vasopressin)のradioimmunoassay / 斉藤 寿一 / 1104~1109<8218656>
  • Angiotensin / 福地 総逸 / 1110~1115<8218657>
  • カルチトニンの免疫学的測定法 / 折茂 肇 / 1116~1123<8218658>
  • 副甲状腺ホルモン / 藤田 拓男 / 1124~1130<8218659>
  • Human placental lactogenのradioimmunoassayとその臨床応用 / 谷沢 修 / 1131~1136<8218660>
  • EstrogenとAndrogenのradioimmunoassay / 森 一郎 / 1137~1142<8218661>
  • アルドステロン / 古山 俊介 / 1143~1147<8218662>
  • Human Placental Lactogen(HPL)に関する最近の知見 妊娠個体における代謝調節ホルモンとしての意義 / 東条 伸平 / 1148~1164<8218664>
  • 拍動型人工心による体外循環の臨床経験 / 久保 克行 / 1165~1172<8218666>
  • 人工透析患者におけるCephalothin,Cephaloridineの投与に関する考察 / 高安 久雄 / 1173~1177<8218667>
  • 病院管理業務のオートメ化(ホスピタルオートメーションの設計 講座) / 江川 寛 / 1178~1183<8218668>
  • 部分的反覆呼吸法による肺組織量および肺血流量の測定 / 西田 修実 / 1184~1190<8218669>
  • 直腸狭窄をきたした肉芽腫性大腸炎(Granulomatous colitis)の1例(症例解説 興味ある症例,珍らしい症例) / 松岡 富男 / 1191~1199<8218670>
  • 総目次 / / 末尾
  • 第7回 Radioimmunoassay研究会 / / p1200~1218
  • 抗血清のつくり方(特別講演) / 松橋 直 / 1201~1209<8218672>
  • ACTH-Zによる抗体の作製について / 出村 博 / 1210~1210<8218673>
  • ACTH及び蛋白結合ACTHの抗原性について / 市川 陽一 / 1210~1211<8218674>
  • ガストリンのラジオイムノアッセイ / 大倉 久直 / 1211~1212<8218675>
  • ガストリンのRadioimmunoassayに対する追加 / 小玉 正智 / 1213~1213<8218676>
  • Dextran coated charcoal法によるGlucagonのradioimmunoassayについて / 大根田 昭 / 1213~1214<8218677>
  • 追加 / 桜井 英雄 / 1214~1214<8218678>
  • ACTHの生物学的活性と免疫学的活性 / 井村 裕夫 / 1215~1215<8218680>
  • TSHの生物活性と免疫活性について / 福地 稔 / 1215~1216<8218681>
  • インスリンの生物学的活性と免疫学的活性の異同に関する考察 / 中村 幸二 / 1216~1216<8218682>
  • ヒト及びネズミのFSH及びLHの生物学的測定値と免疫学的測定値の相関について / 関 光倫 / 1217~1217<8218683>
  • RadioimmunoassayとBioassayによる血漿レニン活性測定値の比較 / 福地 総逸 / 1218~1218<8218684>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 最新醫學 = The medical frontline
著作者等 最新医学社
最新醫學社
書名ヨミ サイシン イガク = The medical frontline
書名別名 The medical frontline

Saishin igaku
巻冊次 26(6)(303)
出版元 最新医学社
刊行年月 1971-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03708241
NCID AA12706850
AN00094908
AA12405537
AA12106853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想