Brain and nerve  32(2)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 内臓性求心インパルスによる大脳皮質電位-2-自発性K-complexの成因に関して / 松本//啓
  • 滝川//守国
  • 内田//恒久 / p127~133<2210943>
  • 閃光刺激により誘発される大脳緩電位変動--視覚誘発電位との関連性の面から / 佐々木//世智子 / p135~142<2210941>
  • 大脳基底核部出血における脳循環・代謝に関する実験的研究 / 鈴木//彰 / p143~152<2210950>
  • 実験的脳血管攣縮の研究 / Nicholas T.@@Zervas
  • 根来//真 / p153~159<2210949>
  • L-Dopa induced dyskinesiaに関する実験的研究 / 大本//尭史 / p161~169<2210952>
  • 頭蓋内圧容積曲線と脳循環動態 / 蓮尾//道明 / p171~177<2210942>
  • Locked-in syndromeの1剖検例--聴性脳幹反応を中心に / 高橋//邦丕 / p179~183<2210945>
  • 頭蓋内主幹動脈遮断による各種脳梗塞モデル犬の作製 / 鈴木//二郎 / p185~190<2210951>
  • 猫・扁桃核刺激によるKindlingの聴覚ならびに視覚誘発電位に及ぼす影響 / 鶴//紀子 / p191~198<2210944>
  • 実験的脳幹部脳梗塞--Embolizationによる犬脳底動脈閉塞法 / 沖//修一
  • 魚住//徹
  • 島//健 / p199~207<2210948>
  • 犬の脳血管の神経支配(形態学的研究)--cholinergic nerveを中心に / 亀山//茂樹 / p209~217<2210946>
  • 実験水頭症犬におけるCT-4-水頭症慢性期のPVLと脳血流量 / 村田//高穂 / p219~227<2210947>
  • 書評 加瀬正夫・亀山正邦編「脳卒中の臨床」 / 大友英一 / p133~133
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p228~229
  • 「ISSN」と「Key-Title」表示について / / p183~183
  • 「第12回世界神経学会」・「第8回日本小児神経外科学会」 / / p190~190
  • 投稿規定 / / p230~230
  • 次号予告 / / p169~169
  • 編集後記 / 大友英一 / p231~231

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 32(2)
出版元 医学書院
刊行年月 1980-02
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想