最新医学  13(3)(141)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 5 (1) 1950.01~5 (11) 1950.11 ; 10 (1) 1955.01~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 肝硬変の治療と予防 / / p115~279
  • 肝硬変の考え方 / 上田英雄 / p116~116
  • 疫学的にみた肝硬変の分布 / 黒川//和雄 / p117~124<9900564>
  • 肝硬変の種類と成り立ち--病理の立場から / 志方//俊夫 / p125~136<9900566>
  • 肝硬変の種類と成り立ち--臨床の立場から / 上田//英雄 / p136~149<9900567>
  • 後肝炎性肝硬変成立機構に関する臨床的考察 / 原//亨 / p150~155<9900573>
  • 実験的肝硬変と臨床像の対比 / 木谷//威男 / p155~168<9900575>
  • 結合織の代謝と線維化の化学 / 河田//肇 / p169~178<9900571>
  • エネルギー産生および利用面からみた糖代謝異常とその臨床的意義 / 和田//正久 / p179~185<9900559>
  • ヘモクロマトーシスの鉄代謝 / 永野//允 / p186~198<9900563>
  • 肝硬変症と内分泌失調 / 平山//千里 / p198~208<9900569>
  • 前硬変状態の診断と機能検査の限界 / 市田//文弘 / p209~220<9900577>
  • 胆汁性肝硬変 / 長島//秀夫 / p221~231<9900578>
  • 病態栄養 / 三辺//謙 / p231~237<9900582>
  • 門脈圧亢進症手術療法の適応と限界 / 副島//廉治 / p238~243<9900584>
  • 肝硬変における出血傾向とその対策 / 山中//学 / p244~254<9900565>
  • 肝不全の代謝種々相とその対策 / 王子//喜一 / p254~261<9900570>
  • 肝硬変の諸問題(座談会) / 上田//英雄 / p262~279<9900568>
  • 細胞の酵素的機構 / グリーン//D.E. / p1~6<9900574>
  • 溶血性貧血 / 美甘//義夫 / p7~10<9900585>
  • アルコールと肝臓 / 中村//隆 / p11~27<9900558>
  • Insulin分泌の神経性調節-完- / 小坂//樹徳 / p28~43<9900557>
  • 血小板の運命 / 湯浅//恭一 / p44~48<9900572>
  • トランキライザーと間脳 / 中//脩三 / p49~56<9900561>
  • 粘膜皮膚眼症候群の一症例 / 山田//欽 / p57~60<9900579>
  • ベーチェット症候群の解説 / 美甘//義夫 / p60~62<9900562>
  • 肺結核を疑われた「人体内ダニ症」の1例 / 五十川//和男 / p63~66<9900580>
  • 先天性靱帯弛緩症の1例と本症の診断並びにEhlers-Danlos症候群との関係について / 有馬//正高 / p67~72<9900576>
  • 白血球の非適合に起因したと思われる輸血反応の一症例 / 小宮//正文 / p73~77<9900581>
  • ステロイド体の螢光分光とその定量への応用 / 相沢//義雄 / p78~89<9900560>
  • 無尿を伴つた腎盂炎 / 舟生//富寿 / 90~97<9900583>
  • 膵頭部癌切除後5年を経た門脈高血圧症 / 武藤//完雄 / 98~107<9900586>
  • 海外文献抄録 / 東京大学美甘内科 / p108~113
  • ほんのしょうかい / 西川光夫 / p113~114

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 最新医学
著作者等 最新医学社
最新醫學社
書名ヨミ サイシン イガク
巻冊次 13(3)(141)
出版元 最新医学社
刊行年月 1958-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03708241
NCID AA12706850
AN00094908
AA12405537
AA12106853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想