広島医学  16(6)(162)

廣島醫學會 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 3 (1) 1950.01~36 (10) 1983.10 ; 58 (1) (通号: 648) 2005~;本タイトル等は最新号による;出版地, 大きさの変更あり;1巻1号 (1948年11月号)-[ ] ; [ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 早期顕症梅毒の再出現 / 岩崎//博 / p1~2<9193059>
  • Friedreich病の1例 / 江木//昇 / p3~5<9193050>
  • 興味ある陳旧潜在性喉頭異動の一症例 / 山下//隆章 / p6~8<9193055>
  • 肝脳変性疾患(猪瀬型)の1例 / 味木//稔 / p9~13<9193053>
  • Behcet症候群の2例 / 吉田//正男 / p14~19<9193049>
  • 肝炎多発地域に於ける輸血後肝炎について / 大槻//房蔵 / p20~25<9193052>
  • 頭部外傷後癲癇について / 日比野//弘道 / p26~29<9193060>
  • 興味ある「コンドロイチン」硫酸「ショック」症例 / 上田//定則 / p30~32<9193054>
  • 原爆外傷に起因せる前頭洞骨腫の一例 / 山下//隆章 / p33~36<9193056>
  • 広島原爆被爆者の抗体価および補体価についての統計学的研究-1- / 志水//清 / p37~43<9193058>
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 1)外科領域における臨床検査の現状と問題点に当って / 飯島宗一 / p44~44
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 2)外科領域における臨床検査の現況と諸問題 臨床病理の立場から / 門前徹夫 / p45~46
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 3)外科領域における臨床検査について / 桐本孝次 / p47~51
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 4)われわれの用いている救急臨床検査セット / 大場康寛 / p52~55
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 5)外科領域における臨床検査現状と問題点 / 野村節夫 / p56~57
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 6)臨床検査センターの立場から見た臨床検査の現状 / 三浦基 / p58~60
  • シンポジウム 外科領域における臨床検査の現状と問題点 7)外科領域における臨床検査の現状と問題点 / 徳岡昭治 / p61~63
  • 広島および長崎の原子爆弾被災地域における残留放射能の強さの測定 / Pace//N. / p64~93<9193057>
  • 麻酔について / 盛生//倫夫 / p94~105<9193061>
  • 寄稿 富士川游先生の旧跡を訪ねて--その1 / 原田東岷 / p106~107
  • 寄稿 富士川游先生の旧跡を訪ねて--その2 / 西丸和義 / p108~108
  • 論談 医者と法律(IV) / 児玉彊作 / p109~114

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 広島医学
著作者等 広島医学会
書名ヨミ ヒロシマ イガク
書名別名 The journal of the Hiroshima Medical Association

Hiroshima igaku
巻冊次 16(6)(162)
出版元 広島医学会
刊行年月 1963-06
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 03675904
NCID AN00211943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想