日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  27(11)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • CISPLATIN,ETOPOSIDE投与後の薬物動態 / 岡根谷利一 他3名 / p1885~1889<3816071>
  • 大唾液腺癌--全国1,418例の検討と予後 / 石毛俊行 他1名 / p1890~1895<3816143>
  • 肝細胞癌に対するEtoposide-Phosphatidylcholine-Lipiodol Suspensionの動注療法 / 磯本一郎 他9名 / p1896~1901<3816090>
  • 光化学療法の増感剤におけるポルフィリン・ビオローゲン連結化合物の有用性 / 筒井保博 / p1902~1912<3816106>
  • 前立腺癌の骨転移に対する放射線療法の役割 / 高橋育 他6名 / p1913~1917
  • 食道癌に対する高線量率腔内照射併用放射線治療 / 福田晴行 他5名 / p1918~1924<3816120>
  • 頭頸部癌治療たよる白血球の機能低下--好中球の活性酸素生成に及ぼす影響を中心として / 植田栄作 他4名 / p1925~1936<3816154>
  • 症例報告 リンパ節転移により発見された小児甲状腺癌の1例 / 鍵田篤志 他4名 / p1937~1942
  • 症例報告 Antineoplastonが有効と思われた多発脳転移の1例 / 吉田浩晃 他8名 / p1943~1949
  • 研究速報 肝門部胆管癌に対する新しい高線量率小線源治療装置(microSelectron-HDR)を用いた胆道管腔内照射 / 池田恢 他4名 / p1950~1954
  • 第56回乳癌研究会 / / p1955~1992

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology
巻冊次 27(11)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1992-11
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想