漢方の臨床  41(12)(484)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口絵 目でみる漢方史料館 (79) 敦煌本『本草集注』 / 真柳誠 / p2~4
  • 漢方用語の不確定性 / 稲木一元 / p9~9
  • 第4回漢方湯液治療研究会講演原稿 (1) / / p10~42
  • 呉茱萸湯証と柴胡剤の証の併存について / 福田佳弘 / p10~14
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯の使用目標について / 小泉久仁弥 / p15~20
  • 九味檳榔湯加味方が奏効した3例 / 赤尾清剛
  • 阿部博子 / p21~26
  • 腹満、放屁の漢方処方 (アカルボース副作用の治験より) (付:一民間薬(酒酵母菌)の消臭効果について) / 村松睦
  • 村松慎一 / p27~36
  • 真武湯の可能性 / 足立秀樹 / p37~42
  • 経口摂取不能な末期頭頸部癌患者に経腸的に漢方煎薬を投与して有用であった1症例 / 五十嵐和子
  • 宗像敬一 / p43~46
  • 東京女子医大雑話 (16) 気管支喘息の3症例 / 新井信
  • 中野頼子
  • 溝部宏毅 / p47~51
  • 温知堂経験録 (206) 腎臓結石に猪苓湯合芍薬甘草湯ほか / 矢数道明 / p52~58
  • 千葉漢方研究会講演内容 9 日本漢方の疾病観(その2) / 中村謙介 / p59~70
  • 座談会 一貫堂医学を語る (下) / 矢数道明
  • 松本克彦
  • 中島泰三
  • 室賀昭三 / p71~80
  • 漢方というもの / 伊藤清夫 / p81~83
  • 畑の中の面々 (20) 今年の収穫 / 田畑隆一郎 / p84~87
  • 『傷寒論』異聞、陽明病胃中寒の説 (5) / 岡田研吉 / p88~93
  • 傷寒論雑感 (18) 『温病治療』その1 / 玉置英成 / p94~98
  • 古医書読解のための漢文速成講座 (6) / 長谷川弥人 / p99~105
  • 本草のうた (17) 人参 / 吉田荘人 / p106~109

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 41(12)(484)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1994-12
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想