漢方の臨床  47(12)(556)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 口絵 目でみる漢方史料館 (150) 曲直瀬道三の遺墨 / 町泉寿郞 / p1706~1708
  • 漢方を学ぶ心 / 村田高明 / p1713~1713
  • 瘀血圧痛点判定のための再按腹の意義 / 小山誠次 / p1714~1728
  • 柴葛解肌湯について--三陽の併病の合方的治療 / 板澤正明 / p1729~1739
  • 漢方療法を主体に治療し得た外水頭症の一経験 / 木元博史 / p1740~1746
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯が有効であった半側顔面痙攣と三叉神経痛の3症例 / 村松慎一 / p1747~1750
  • 外陰腟カンジダ症のハイリスク更年期婦人の急性咽頭扁桃炎に対する小柴胡湯加桔梗石膏の臨床効果に関する検討 / 清水正彦
  • 清水和彦
  • 原敬二郞 / p1751~1756
  • 脳卒中その1動物生薬(闘病記)その2失明(見聞記) / 内山ゆき / p1757~1762
  • 女子医大雑話 (88) エビデンスに基づいた漢方治療の3症例 / 新井信
  • 盛岡頼子
  • 溝部宏毅 / p1763~1770
  • 東洋堂経験余話 (114) / 松本一男 / p1771~1773
  • 漢方牛歩録 (179) 頭冒感に柴胡加竜骨牡蠣湯兼抑肝散 / 中村謙介 / p1774~1775
  • 漢方診療おぼえ書 (192) / 緒方玄芳 / p1776~1777
  • 大塚敬節による『類聚方広義』解釈 (13) / 大塚賢治
  • 渡辺洋井 / p1778~1793
  • 多紀元堅の傷寒論講義 (存誠塾傷寒論記聞) (20) / 岡利幸 / p1794~1799
  • 山田業広著『金匱要略集注』訓続 (19) / 千葉古方漢方研究会 / p1800~1806
  • 『皇漢医学書き込み解説』と桂庵玄樹、漢学紀源 / 関修一郞 / p1807~1812
  • 古医書読解のための漢文速成講座 続編 (1) / 長谷川弥人 / p1813~1816
  • 貝原益軒抄出・竹田定直編成『頤生輯要』読訳--その21 / 宮崎綾子 / p1817~1824
  • 『諸病源候論』『外台秘要方』に基づく皮膚病治療の古典的考察 (5) / 鎌田慶市郞
  • 松下嘉一 ほか / p1825~1829
  • 漢方製剤配合生薬の薬能に関する考察 / 鈴木堯 / p1830~1837
  • 平成11年(1999)漢方略史年表 / 矢数道明 / p1838~1847
  • 読後評 秋葉哲生編著『奥田謙蔵研究』を読みて / 根本幸一 / p1848~1848

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 47(12)(556)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 2000-12
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想