漢方の臨床  28(4)(320)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 外証の外とは何処か / 山田光胤 / p3~9
  • 漢方診療おぼえ書 (五六) 咽頭炎に桂枝五物湯 周期性浮腫に加味逍遙散兼用五苓散 カゼに桂枝湯 / 緖方玄芳 / p9~10
  • 温知堂経験録 (136) 頑固な皮膚炎と指掌角皮症に黄連阿膠湯 欝病によく効いた加味逍遙散エキス末 / 矢数道明 / p11~14
  • 漢方体験記 (三) 神経性心悸亢進症に中建中湯加減 きっくり腰に甲字湯加薏苡仁・附子 加味逍遙散で「やる気をなくした」患者 / 平林達郎 / p15~16
  • 漢方経験雑記 (三十五) 小柴胡湯合桂枝茯苓湯の頭部打撲・ムチウチ損傷による後遺症に対する効果について / 村田恭介 / p17~21
  • 一貫堂医学について (4) 三焦と解毒証体質 / 村上昌久
  • 佐々木信行
  • 岩城理晴 / p22~26
  • 漢方体験記 (11) 肩と手のしびれに葛根湯 尋常性乾癬に温清飲 / 河野順 / p27~28
  • 最近の諸例 めまい 頑固な頭痛 頑固な咳嗽 / 土本重 / p29~30
  • 漢方研究室 (108) 出題・気管枝喘息4題 解答・変形性膝関節症4題 / 小倉重成 / p31~36
  • 「中医学基礎」を読んで / 松原正紘 / p37~38
  • 中国医療見聞記 / 斉藤悦郎 / p39~42
  • 金匱要略にべーチエット症候群の症状と治療法の記載がある…という説について(1) / 小池三良助 / p43~46
  • 香月牛山著「遊豊司命録」読み下し拙文(三) / 宮崎綾子 / p47~50
  • 瘀血および活血化瘀法の源流とその臨床応用、原理研究の発展(7) / 宮川マリ / p50~52
  • 協会ニュース / 気賀林一 / p53~54
  • 漢方医界MEMO(昭56年3月) / 協会本部 / p55~56
  • 編集後記 / 気賀 / p36~36

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 28(4)(320)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1981-04
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想