漢方の臨床  21(4)(236)

東亞医学協会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 2 (1) 1955.01~3 (12) 1956.12;本タイトル等は最新号による;出版地: 変更あり;1巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 素問と傷寒論の三陰三陽の名称について / 藤木俊郎 / p3~6
  • 漢方診療検討録 (20) 糖尿病・緑内障に四逆湯 / 橋本行生 / p7~9
  • 温知堂経験録 (七八) アレルギー性鼻炎 喘息 肩凝り症 湿疹 股関節痛 / 矢数道明 / p10~12
  • 漢方診療おぼえ書 (四) 八味丸のよく効いた例 半夏厚朴湯の著効例 / 緒方玄芳 / p13~14
  • 経穴と各種臓器との関係 (第一二篇) 胃経経穴に対する局所麻酔の影響 / 有地滋 / p15~18
  • 絶食を経験して / 藤平健 / p19~21
  • 診療余談 民間療法と漢方 / 張重信 / p22~24
  • 古代の日本医学と漢方医学との相違に就て / 土本重 / p25~28
  • 昭和四十八年度漢方医界年表 / 矢数道明 / p29~32
  • 荒木性次氏のご逝去を悼む はじめに(気賀林一) 追憶(龍野一雄) 弔辞(松本健次) 荒木性次先生の逝去を悼んで(松浦巌) 朴庵荒木性次君の追憶(大塚敬節) 荒木性次氏の思い出(矢数道明) 荒木朴庵先生経験録抄(遺稿より) / 編集部 / p33~43
  • 漢方研究室(腹痛二題) / 小倉重成 / p44~46
  • 生薬今昔ばなし (五) 遺稿 土佐の老番頭の撰品 真猪苓と唐猪苓 片茯苓と丸茯苓 茯苓の将来 / 長倉音蔵 / p47~48
  • 竹孫(岡西為人)先生半生記由来 五 大陸時代の岡西先生口述自叙 / 武田健一 / p49~52
  • 河童随筆 短命さん / ちぐあん / p53~53
  • 漢方医界MEMO 49年3月 / 編集部 / p54~54
  • 編集後記 / 気賀 / p46~46

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 漢方の臨床
著作者等 東亜医学協会
書名ヨミ カンポウ ノ リンショウ
書名別名 Journal of kampo medicine
巻冊次 21(4)(236)
出版元 東亜医学協会
刊行年月 1974-04
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 0451307X
NCID AN00048627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想