科学警察研究所報告  46(3)(183)

科学警察研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 32 (1) 1979.02~56 (1) (通号: 205) 2006.03;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地の変更あり;32巻1号[通号]125号(昭和54年2月)~56巻1号[通巻]205号(平成18年3月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 異なる比率で混合した精液及び血液からのMCT118型の検出に関する研究 / 吉田//日南子 / p103~109<3872073>
  • 123塩基ラダ-マ-カ-によるMCT118部位DNA型の日本人における出現頻度について / 佐藤//元 / p110~117<3872056>
  • 123塩基ラダ-マ-カ-によるMCT118部位DNA型の出現頻度の地域的変動について / 佐藤//元 / p118~120<3872055>
  • MCT118座位PCR増幅産物のゲル電気泳動による分離とDNAマ-カ-による型判定に関する技術的検討--123塩基ラダ-とシ-タス・アレリックラダ-との比較 / 笠井//賢太郎 / p121~128<3872061>
  • 血痕付着担体および汚染物質のMCT118座位DNA型検出に及ぼす影響に関する実験的研究 / 坂井//活子 / p129~134<3872070>
  • 血痕および精液斑からのHLADQα型検出と日本人における出現頻度について / 佐藤//元 / p135~142<3872068>
  • 犯罪手口の選択確率に基づく被疑者の検索手法 / 足立//浩平
  • 鈴木//昭弘 / p143~147<3872088>
  • MCT118座位PCR増幅産物のDNAマ-カ-及びDNA型解析装置による型判定に関する技術的検討 / 笠井//賢太郎 / p148~152<3872060>
  • 黒色火薬の燃焼残渣の付着位置による組成の変化 / 工藤//雅孝
  • 山田//達雄
  • 酒見//達敏 / p153~156<3872072>
  • 平成4年度鑑識科学研究発表会法医部会講演要旨集 / 猪井剛
  • 山本靖久
  • 町田廣実
  • 田嶋敏彰 / pA-105~A-159

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 科学警察研究所報告
著作者等 警察庁科学警察研究所
科学警察研究所
書名ヨミ カガク ケイサツ ケンキュウジョ ホウコク
書名別名 Research on forensic science

Reports of the National Research Institute of Police Science

Kagaku keisatsu kenkyujo hokoku
巻冊次 46(3)(183)
出版元 科学警察研究所
刊行年月 1993-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02857960
NCID AN00037041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想