保健婦雑誌  41(4)

醫學書院 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (5) 1951.05~5 (2) 1953.02 ; 52 (6) 1996.06~59 (12) 2003.12;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;1巻1号(昭和26年1月) - 59巻12号(2003年12月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 保健婦学生がインタビュー 先輩が語る戦後の活動の軌跡[3]-19都県・25人の証言 / / p10~62
  • 保健婦ってやりがいのある仕事! 石塚悦子さん(秋田) / 桜田明子
  • 佐藤範子
  • 貝田紀子 / p10~15
  • 家族を対象とした働きかけを 今野もりよさん(宮城) / 斉藤弘美
  • 佐藤みゆき
  • 堀井聡美 / p15~20
  • 住民の生活に密着した活動を通して 佐々木タケさん(福島) / 石川昭子
  • 大木保子
  • 菅野浩美
  • 佐藤美奈子
  • 原田真澄 / p20~25
  • 地域の中で住民のために 渡辺富子さん(栃木) / 大崎浪子
  • 菅谷美樹
  • 半田由美
  • 本橋律子 / p26~33
  • 乳児死亡ゼロをめざして 星野ゆきさん(千葉) / 笈川美紀
  • 久保田直美
  • 佐藤穂波
  • 横瀬有理子
  • 横浜めぐみ / p33~38
  • 明るく根気強く30有余年 秋葉美恵子さん(東京) / 石田美穂子
  • 貝沼恵子
  • 山野美樹
  • 湯浅とし子 / p39~42
  • 在宅ケアの充実をめざして 紅林みつ子さん(東京) / 秋葉久美
  • 中純子 / p43~47
  • 常に疑問を持つことによって前進 長谷部キクエさん(岐阜) / 倉坪裕美
  • 後藤民代
  • 土井恵里子 / p48~52
  • 私の後にはいつも住民がいる 大藤富子さん(三重) / 三重県立公衆衛生学院保健学科11回生一同 / p52~58
  • ふれあいを求めて住民の中に飛び込んだ先輩たち 植村忠子さん 今西念子さん 西山美栄子さん(奈良) / 辻貴子
  • 永井理佳
  • 長島由紀子
  • 前田和代 / p58~62
  • グラフ 組織づくりシリーズ 45 先輩に学ぶ5・住民の立場に立つ保健婦とは(2) / 松下拡
  • 菊地頌子 / p1~
  • 活動の中から 懇談会 / 吉田幸永 / p64~65
  • 保健活動の見直しから<見通し>へ 20 <健康づくり>に関する三位一体的認識の意義 / 衛藤幹子
  • 丸地信弘 / p66~74
  • 老人性痴呆Hさんの訪問看護を終えて / 吉野黎子 / p75~79
  • 発言席 保健婦に期待すること / 渡辺庸子 / p9~9

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 保健婦雑誌
著作者等 医学書院
書名ヨミ ホケンフ ザッシ
書名別名 Japanese journal for public health nurse

The Japanese journal for public health nurse

Hokenfu zasshi
巻冊次 41(4)
出版元 医学書院
刊行年月 1985-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00471844
NCID AN00228436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想