The Japanese journal of antibiotics  46(6)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Penicillinase産生・非産生MRSAに対する各種抗生剤の感受性 特にPenicillinase非産生MRSAにおけるTicarcillinとFosfomycinの併用効果について / 森川嘉郎
  • 吉岡靖史
  • 豊嶋眞里子 / p421~427
  • Clarithromycinのin vitro抗菌力と細菌の粘着抑制作用に関する研究 / 中塩哲士
  • 須佐千尋
  • 邱世林
  • 木島あゆみ
  • 岩澤博子
  • 下村晴信
  • 金光敬二
  • 堀誠二
  • 水島裕
  • 嶋田甚五郎 / p428~436
  • 深在性真菌症診断における(1→3)-β-D-Glucan測定の有用性の検討 / 古谷利通
  • 外山圭助 / p437~443
  • 近年に検出した臨床分離株に対するCefminoxの抗菌活性 / 出口浩一
  • 横田のぞみ
  • 古口昌美
  • 鈴木由美子
  • 深山成美
  • 石原理加
  • 小田清次 / p444~453
  • 各種臨床材料分離菌の抗菌薬感受性Imipenemを中心に(第2報)その2.NCCLSディスク法(K-B法)による場合 / 猪狩淳 / p454~471
  • 抗癌剤投与担癌マウスにおけるCefodizimeとアミノ配糖体系抗生剤の緑膿菌感染に対する併用治療効果 / 古川哲心
  • 宇治達哉
  • 三宅美行
  • 兵頭昭夫
  • 出口浩一 / p472~481
  • In vitro antimicrobial activities of lactoferrin,its concomitant use with cefpodoxime proxetil and clinical effect of cefpodoxime proxetil / TETSURO CHIMURA
  • TOSHIO HIRAYAMA
  • MASAKI NAKAHARA / p482~485
  • 血液疾患合併重症感染症に対する抗生剤(2剤併用)と抗真菌剤の併用療法の評価 / 井上信正
  • 武元良整
  • 金丸昭久
  • 垣下榮三
  • 中山志郎
  • 原宏
  • 筒井猛
  • 村上龍助
  • 山口延男
  • 多湖基
  • 園田隆
  • 岩尾憲人
  • 西尾晃
  • 伊東俊夫
  • 岡田三徳 / p486~491
  • 産婦人科領域におけるTemafloxacinに関する基礎的並びに臨床的検討 / 松田静治
  • 清水哲也
  • 長南薫
  • 岡田弘二 / p492~504

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 46(6)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1993-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想