The Japanese journal of antibiotics  24(3)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 各種臨床材料からの緑濃菌の検出状態と抗生物質感受性 / 小栗//豊子 / 121~125<8099216>
  • 臨床材料から分離された各種細菌のゲンタマイシンにたいする感受性効果 / 小沢//敦 / 126~129<8099217>
  • 循環器系に対するコリスチン塩類およびその誘導体メタンスルホン酸の作用 / 山田//重雄 / 130~140<8099218>
  • リボスタマイシン(ビスタマイシン'明治')の血中および体液内濃度測定に関する基礎的研究 / 近藤//茂 / 141~142<8099219>
  • パロモマイシンによる条虫駆除の1例およびその作用機序に対する1観察 / 金沢//裕 / 143~145<8099220>
  • Ampicillin-Cloxacillin合剤(Viccillins S'Meiji')点滴静注の臨床経験 / 菊地//金男 / 146~148<8099221>
  • 患者分離耐性結核菌に対するCapreomycinとKanamycinまたはViomycinの抗菌力 / 遠藤//浩一 / 149~151<8099222>
  • 臨床分離株のFusidic acid感受性について / 小林//稔 / 152~155<8099223>
  • 新らしいテトラサイクリン誘導体プロリノメチルテトラサイクリンに関する基礎研究 / 真山//武志 / 156~159<8099224>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXI / / p160~172
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 LXXXVI / / p173~180
  • 日本抗生物質医薬品基準の一部を改正する件(昭45.4.13厚生省告示第92号) / / p125~125,129~129,140~140,142~142,145~145
  • 日本抗生物質医薬品基準の一部を改正する件(昭45.10.15厚生省告示第356号) / / p151~151,155~155,159~159

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 24(3)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1971-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想