The Japanese journal of antibiotics  31(6)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Prevention of postoperative infection--Methods and results in 2,842 orthopedic surgical cases / Yasuto@@Itami / p295~302<1945746>
  • 化学療法剤の家兎血中,子宮,卵管,卵巣内移行,ならびに尿中回収率に関する研究--Dibekacin(DKB)およびAmpicillin(ABPC)について / 高畠//弘 / p303~306<1945747>
  • 化学療法剤の妊娠家兎子宮筋,胎仔,胎盤,羊膜,羊水移行に関する研究--Dibekacin(DKB)およびAmpicillin(ABPC)について / 高畠//弘 / p307~309<1945748>
  • 口腔外科領域におけるCephapirinの検討 / 河島//正宜
  • 高橋//正明 / p310~314<1945750>
  • 産婦人科領域におけるCefoxitinの基礎的・臨床的研究 / 岡田//悦子
  • 平林//光司 / p315~324<1945751>
  • 家兎黄色ブドウ球菌性髄膜炎における抗生剤の髄液中移行に関する実験的研究-2-Cephaloridine,CephalothinおよびCefazolinについて / 森川//嘉郎 / p325~333<1945749>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CLXVIII / / p302~302,306~306,314~314,334~336
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CXLII / / p337~340

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 31(6)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1978-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想