The Japanese journal of antibiotics  32(7)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 抗生物質併用に関する基礎的研究,特に生体内動態を中心に-3-AmpicillinとDibekacinのばあい / 荒谷//春恵
  • 中塚//正行 / p711~719<2090754>
  • Neo-enactin,a New Antifungal Antibiotic Potentiating Polyene Antifungal Antibiotics-2-Taxonomic Studies of the Producing Microorganism and Simultaneous Production of Bleomycin Group and Streptothricin like Antibiotics / Toshio@@Otani / p720~728<2090752>
  • Ticarcillinの嫌気性菌に対する抗菌力の他抗菌剤との比較 / 小栗//豊子
  • 小酒井//望 / p729~743<2090753>
  • 新型ブレオマイシンNK631の使用経験 / 旭//正一 / p744~750<2090755>
  • 頭頚部悪性腫瘍に対するNK631(Pepleomycin)の臨床効果 / 佐藤//文彦
  • 斎藤//等
  • 水越//治 / p751~755<2090749>
  • Amoxicillin(AMPC)による梅毒の治療-2- / 小野田//洋一
  • 津上//久弥 / p756~765<2090750>
  • Ampicillin-Oxacillin(Broadcillin ′Banyu′)の静注に関する検討 / 松田//静治
  • 丹野//幹彦
  • 柏倉//高 / p766~768<2090751>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CLXXXI / / p719~719,743~743,765~765,768~768,769~700
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CLV / / p771~778

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 32(7)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1979-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想