The Japanese journal of antibiotics  28(3)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • BB-K8(Amikacin)粉末剤(用時溶解)と液剤との吸収排泄についての比較 / 大久保//滉 / p283~287<1604847>
  • Amikacin(BB-K8)の聴器毒性について / 秋吉//正豊 / p288~304<1604848>
  • Gentamicin耐性グラム陰性桿菌敗血症のAmikacinの治療知見 / 富岡//一 / p305~308<1604856>
  • 新抗生物質Fosfomycinの吸収,分布および排泄-1-Fosfomycin-Ca塩の吸収,分布および排泄 / 藤田//正敬 / p309~313<1604844>
  • 新抗生物質Fosfomycinの吸収,分布および排泄-2-Fosfomycin-Ca塩経口用製剤のイヌにおける吸収性 / 藤田//正敬 / p314~319<1604845>
  • Fosfomycinに関する細菌学的研究-1- / 宮内//慶之輔 / p320~330<1604843>
  • 静注用Ampicillin-Cloxacillin(Rectocillin′協和′)に関する臨床的研究 / 関根//理
  • 薄田//芳丸 / p331~334<1604851>
  • 泌尿器科領域のアンピシリン・クロキサシリン合剤(レクトシリン′協和′)の使用経験 / 松村//聡
  • 中野//修道 / p335~340<1604850>
  • 血中濃度からみたSodium Cephalothin(CET)の腹腔内投与について / 大同//礼次郎
  • 竹本//洋一
  • 野見山//世司 / p341~344<1604859>
  • Aminobenzylepenicillin(AB-PC)とMethylchlorophenylisoxazolylpenicillin(MCI-PC)の合剤に関する基礎的研究ならびに呼吸器感染症への治験成績 / 那須//勝 / p345~352<1604855>
  • 耳鼻咽喉科領域におけるAmoxicillinの臨床的研究 / 木村//美雄 / p353~362<1604849>
  • Amoxicillinの内科領域における臨床治験 / 桑島//恵一 / p363~365<1604854>
  • Amikacin(BB-K8)の催奇形性に関する研究--妊娠ウサギに対する筋肉内注射による胎仔に及ぼす影響 / 松崎//明紀 / p366~371<1604858>
  • Amikacin(BB-K8)の催奇形性に関する研究--マウス・ラットの胎仔および新生仔の発育に及ぼす影響 / 松崎//明紀 / p372~384<1604857>
  • Amikacin(BB-K8)に関する薬理学的研究 / 松崎//明紀 / p385~400<1604846>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CXXXV / / p287~287,304~304,308~308,319~319,330~330,340~340,352~352,362~362,371~371,384~384,400~400,401~403
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CIX / / p404~414

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 28(3)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1975-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想