泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica  46(11)

泌尿器科紀要編集部

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1955.03~29 (10) 1983.10 ; 51 (1) 2005.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;6巻7号までの並列タイトル: Acta urologica;1巻1号 (昭和30年3月)-;出版者変遷: 京都大学医学部 (1巻1号-28巻5号)→ 泌尿器科紀要刊行会 (28巻6号-);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Gleason score 6以下のTlc前立腺癌の腫瘍体積予測に有用なパラメータの検討 / 七里泰正,ほか / p785~790
  • 前立腺肥大症に対するα₁ブロッカー単独療法およびα₁ブロッカーとアンチアンドロゲン剤併用療法の無作為長期比較試験の検討--I-PSS改善効果を中心に / 大谷幹伸,ほか / p791~797
  • 前立腺肥大症に対する経尿道的高温度療法の治療成績 / 村山和夫
  • 久田欣一 / p799~802
  • 症例 エンドトキシン吸着療法が奏効した急性腎盂腎炎に伴う敗血症性ショックの1例 / 阿部和弘,ほか / p803~805
  • 症例 膀胱全摘後にみられた膀胱腫瘍の脳転移の1例 / 湯村寧,ほか / p807~809
  • 症例 回腸導管造設術後晩期合併症として腸閉塞をきたした膀胱原発印環細胞癌の1例 / 天野俊康,ほか / p811~814
  • 症例 膀胱憩室内にみられたNephrogenic adenomaの2例 / 棚瀬和弥,ほか / p815~817
  • 症例 Urosepsisによる敗血症性ショックに対して血中エンドトキシン吸着療法を行った3例 / 湯浅譲治,ほか / p819~822
  • 症例 肝転移を有する精巣腫瘍に対し抗癌剤肝動脈注入が奏効した2症例 / 棚瀬和弥,ほか / p823~827
  • 症例 Burned-out testicular tumorと考えられた後腹膜胚細胞腫の1例 / 杉山貴之,ほか / p829~832
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII 「泌尿器科画像診断の工夫と進歩」--司会の言葉 / 岡田裕作
  • 三木恒治 / p833~834
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII Dynamic(ダイナミック)MRIによる膀胱腫瘍の病期診断 / 津田恭,ほか / p835~839
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII 超音波ウロダイナミクス / 小島宗門,ほか / p841~845
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII 出生前超音波診断 / 島田憲次,ほか / p847~850
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII PETによる前立腺癌の評価 / 金丸洋史,ほか / p851~853
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII 前立腺癌の診断におけるEndorectal coil MRIとプロトンMR spectroscopyの役割 / 杉村和朗 / p855~859
  • 第49回日本泌尿器科学会中部総会シンポジウムIII 極細径超音波プローブによる尿路疾患診断法の開発 / 棚橋善克 / p861~865

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 泌尿器科紀要 = Acta urologica Japonica
著作者等 京都大学医学部
泌尿器科紀要刊行会
泌尿器科紀要編集部
書名ヨミ ヒニョウキカ キヨウ = Acta urologica Japonica
書名別名 Acta urologica

泌尿紀要

Acta urologica Japonica

Hinyokika kiyo
巻冊次 46(11)
出版元 泌尿器科紀要刊行会
刊行年月 2000-11
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00181994
NCID AN00208315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00020217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想