外科 = Surgery : 臨床雑誌  32(6)(387)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 胃・十二指腸潰瘍の手術適応(座談会) / 長尾//房大 / 543~560<8182042>
  • 肝内胆石症の治療 とくに胆道鏡の応用 / 登内//真 / 561~568<8182043>
  • 食道再建術術後10年以上遠隔例の吻合部の検討 主に内視鏡所見を中心に / 遠藤//光夫 / 569~575<8182044>
  • 術後肝炎の予防 / 大田//満夫 / 576~579<8182045>
  • 胆道出血 肝内肝動脈瘤に対する肝動脈枝結紮術 / 村瀬//允也 / 580~586<8182046>
  • 肝損傷 とくに肝右葉切除例を中心に / 阿部//治美 / 587~592<8182047>
  • 肝,胆道癌に対する選択的腹腔動脈撮影の検討 / 木南//義男 / 593~598<8182048>
  • 甲状腺腫瘍の増殖能に関する形態学的ならびに組織化学的研究 / 飯田//太 / 599~604<8182049>
  • 頸椎むち打ち損傷に対する脈波検査 / 近藤//春樹 / 605~608<8182050>
  • 胃・十二指腸潰瘍穿孔の統計的観察 / 重森//仙蔵 / 609~610<8182051>
  • Hydroxy-Ethyl-Starchの組織内沈着に関する実験(外科と薬剤) / 渡辺//至 / 611~614<8182052>
  • 米国とくにデンバーにおける肝移植の現況 / 小野//慶治 / 615~619<8182053>
  • Peutz-Jeghers症候群の1治験例 / 安形//篤 / 622~626<8182055>
  • 原発性胆嚢肉腫の1治験例 / 関//正威 / 626~630<8182056>
  • 鎖肛に合併せる十二指腸狭窄による胃破裂の1症例 / 長島//金二 / 630~632<8182057>
  • 受傷直後に血行再建を行なって治癒せしめた膝窩動・静脈損傷の1例 / 後藤//久 / 633~636<8182058>
  • 脳,肺転移をきたした胸壁原発性横紋筋肉腫の治療経験 / 木村//謙太郎 / 637~640<8182059>
  • 膵臓嚢胞の5例 / 山上//頼男 / 641~644<8182060>
  • Enterochromaffin CellおよびEnterochromaffin-Like Cell(自律神経外科領域における最近の話題) / 恒川//謙吾 / 620~621<8182054>
  • 胃学事始-3- / 大井//実 / 650~651<8182062>
  • Karl Heinrich Bauer(伝記 中田瑞穂訳述) / Schipperges//Krebs / 645~649<8182061>
  • 随録 第5回日本パラプレジア学会 / / p568~568
  • 随録 第12回乳癌研究会 / / p592~592
  • 随録 第19回日本脳波学会総会 / / p604~604
  • 随録 第23回日本筋電図学会総会 / / p604~604
  • 随録 第7回脳波・筋電図技術講習会 / / p604~604
  • 随録 編集ペン・寄稿のさだめ / / p652~652

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 32(6)(387)
出版元 南江堂
刊行年月 1970-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想