外科 = Surgery : 臨床雑誌  29(4)(343)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 偉大な臨床家の友情--勝沼精蔵先生と小泉信三先生 / 島田信勝 / p331~331
  • 手術の適応決定と年齢による限界 腹部手術を中心にして / 林//四郎 / 332~338<8181204>
  • 農村地帯における胆石症を中心とした胆道疾患について / 鳴海//弘泰 / 339~346<8181205>
  • われわれの常用する胃全摘後再建術式(ρ吻合)について / 大内//清太 / 347~358<8181206>
  • 虫垂切除術-3- / 四方//淳一 / 359~363<8181207>
  • ACTH分泌能をもった胸腺腫瘍 / 木村//忠司 / 364~370<8181208>
  • 脈管腫症(Angiomatosis)消化管血管腫を中心として / 鈴木//博 / 371~379<8181209>
  • 食道憩室の5症例 / 中川//二郎 / 380~386<8181210>
  • 胃切除患者の術後就労状況について / 古賀//成昌 / 387~391<8181211>
  • 難治潰瘍に対する創傷治癒促進剤の応用 / 石山//俊次 / 392~396<8181212>
  • 胃癌の早期診断(座談会) / 常岡//健二 / 397~411<8181213>
  • 脊髄腫瘍のまとめ 自家93例を中心に / 泉田//重雄 / 412~418<8181214>
  • 胃平滑筋腫の1例 / 岩松//正隆 / 419~421<8181215>
  • 頭部外傷を契機として症状発現した脳腫瘍の2例 / 尾藤//昭二 / 422~426<8181216>
  • ブラウン吻合部逆行性腸重積症の1治験例 / 丹野//俊男 / 426~428<8181217>
  • Theodor Billrothの生涯 略記-4- / 堺//哲郎 / 429~439<8181218>
  • 隨録 編集ペン・寄稿のさだめ / 和田達雄
  • 外科編集室 / p440~440
  • 無影灯 ドジョウは死して骨を残す / K.I / p346~346
  • 無影灯 虫垂切除後の癒着について / / p346~346
  • 無影灯 「虫垂のさいの小切開」についての私見 / S.Y. / p346~346
  • 無影灯 乳児の大腿骨骨折と吐乳 / 原 / p363~363
  • 無影灯 B.II.胃切除にさいしては空腸起始部の位置にも注意せよ / よしはる / p363~363
  • 無影灯 ライシュアワー大使の功罪 / 五六郞 / p391~391
  • 無影灯 腰痛症と白血病 / 意生 / p391~391
  • 無影灯 血友病患者の気管切開 / 隅田 / p391~391

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 29(4)(343)
出版元 南江堂
刊行年月 1967-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想