癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  45(4)(568)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 日本医学放射線学会生物部会 第28回放射線による制癌シンポジウム--新世紀に向けての基礎と臨床の対話 / / p251~265,267~273,275~279,281~291,293~296,297~305,307~313,315~322,323~342<5481953>
  • 序文 / 大川智彦 / p251~251
  • 正常組織反応とその修飾 放射線と正常組織反応(総論) / 芝本雄太 / p253~254
  • 正常組織反応とその修飾 粘膜反応(頭頚部を中心に) / 渋谷均・他 / p255~256
  • 正常組織反応とその修飾 放射線治療に伴う唾液腺への影響--事前登録による多施設共同実態調査 / 唐澤久美子・他 / p257~258
  • 正常組織反応とその修飾 肺への影響 / 早川和重・他 / p259~260
  • 正常組織反応とその修飾 放射線治療に伴う直腸・膀胱への評価--治療側因子の評価 / 加藤恵利子・他 / p261~262
  • 指定発言 神経系への影響--脊髄組織の放射線障害に影響を及ぼす因子の文献的考察 / 松井正典 / p263~265
  • 指定発言 腎晩発障害の早期指標としての増殖関連遺伝子 / 大塚誠 / p267~268
  • 特別発言 放射線感受性について / 鈴木紀夫 / p269~270
  • Chemoradiotherapyの有効性と安全性 放射線と抗癌剤併用の基礎(総論) / 松原升 / p271~273
  • Chemoradiotherapyの有効性と安全性 脳腫瘍におけるChemoradiotherapyの有効性と安全性 / 久保長生・他 / p275~276
  • Chemoradiotherapyの有効性と安全性 肺癌におけるChemoradiotherapyの有効性と安全性 / 高島均・他 / p277~279
  • Chemoradiotherapyの有効性と安全性 食道癌におけるChemoradiotherapyの有効性と安全性 / 西村哲夫・他 / p281~282
  • 指定発言 子宮頚癌におけるChemoradiotherapyの有効性と安全性 / 戸板孝文・他 / p283~284
  • 指定発言 浸潤性膀胱癌に対するChemoradiation / 兼平千裕 / p285~286
  • 特別発言 II~III期食道癌に対する5-FU少量持続静注同時併用放射線療法の局所効果 / 酒井邦夫・他 / p287~288
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) 3次元照射計画 / 内山幸男・他 / p289~291
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) 定位放射線照射--3次元定位から4次元定位へ / 白圡博樹・他 / p293~294
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) 小線源治療の将来の方向 / 池田恢 / p295~296
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) 粒子線治療 / 菱川良夫 / p297~298
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) 温熱療法 / 平岡真寛・他 / p299~300
  • QOLを高める癌・放射線治療(総論) IVRと放射線治療 / 大石元・他 / p301~302
  • 指定発言 Volume effect--照射容積の合理的縮小と腫瘍線量における自由度の拡大 / 有本卓郎 / p303~305
  • 指定発言 MRI利用放射線治療計画 / 岡本欣晃・他 / p307~308
  • 特別発言 放射線腫瘍学の臨床研究におけるQOL評価の意義 / 高橋正治 / p309~310
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 放射線治療におけるQOL評価方法 / 佐々木武仁 / p311~313
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 頭頚部 / 早渕尚文・他 / p315~316
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 食道癌 / 根本建二・他 / p317~318
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 肺癌 / 不破信和 / p319~320
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 乳房温存療法 / 今城吉成 / p321~322
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) QOLを高める子宮頸癌の放射線治療--空間的線量分布の改善を中心に / 兼安祐子・他 / p323~324
  • QOLを高める癌・放射線治療(各論) 前立腺癌に対する局所原体照射とホルモン療法の有用性についての検討 / 唐澤克之・他 / p325~326
  • 追加発言 食道癌・QOL評価の一法 / 赤木由紀夫・他 / p327~328
  • 指定発言 小児腫瘍の放射線治療 / 正木英一 / p329~330
  • 特別発言 元気のでる時代到来の放射線治療 / 土器屋卓志・他 / p331~332
  • Fractionationの基礎と臨床-多分割照射の適応と有用性- 頭頚部腫瘍 / 幡野和男・他 / p333~334
  • Fractionationの基礎と臨床-多分割照射の適応と有用性- 肺癌に対する多分割照射の適応と有用性 / 国頭英夫・他 / p335~336
  • Fractionationの基礎と臨床-多分割照射の適応と有用性- 子宮 / 坂田耕一・他 / p337~338
  • 指定発言 多形神経膠芽腫(GBM)およびIII期非小細胞肺癌(NSCLC)に対するAccelerated Hyperfractionation(AHfx)におけるDose Escalation(DE)の可能性の検討 / 中津川重一・他 / p339~340
  • 特別発言 一日多分割照射の現状 / 菅原正 / p341~342
  • 便中リゾチーム値と大腸癌との関連性における検討 / 和田了・他 / p343~348
  • HTLV-Iキャリアの沖縄と札幌における血液塗抹標本の比較検討 / 荒木弘一・他 / p349~355
  • 症例 腹腔内出血をきたした有茎性ポリープ様の胃原発gastrointestinal stromal tumorの1例 / 河原邦光・他 / p357~361
  • 症例 治療中に白血化した心臓原発Hodgkinリンパ腫の1剖検例 / 前川勲・他 / p363~367
  • がん・アナウンスメント ストーマリハビリテーション講習会 理論コース応募のお知らせ / / p362~362
  • がん・アナウンスメント 平成11年度放射線医学総合研究所研修予定 / / p367~367

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics

Gan no rinsho
巻冊次 45(4)(568)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1999-04
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想