癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics  6(7/8)(45)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1954.09~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: Japanese journal of cancer clinics (1巻1号-15巻5号)→ Japan journal of cancer clinics (16巻6号-24巻1号);1巻1号 (1954年9月)-5巻7号 (1959年7月) ; 5巻8号 = 34号 (1959年7月)-;出版者変遷: 医歯薬出版 (1巻1号-21巻3号)→ 篠原出版 (21巻4号-46巻1号);1巻1号から31巻15号までの総索引: 「乳癌の臨床」1巻1号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • シンポジウムI癌とウイルス / / p413~440,441~442
  • その1 1.Polyoma(多発腫)ウイルスについて / 近藤達平 / p413~414
  • その1 2.Rous肉腫におけるウイルスと細胞増殖の相関について / 桑田次男 / p415~416
  • その1 3.A cellular basis for the masking phenomenon in the Rous sarcoma / Alfred M.Prince / p416~418
  • その1 4.家兎粘液腫及びShope線維腫ウイルスと宿主細胞の関係について / 加藤四郎・他 / p418~420
  • その1 5.癌における沪過性因子の普遍性について / 浜崎幸雄・他 / p421~422
  • その1 6.人乳癌に関する沪過性病毒の研究 / 長尾良知 / p423~423
  • その1 7.腫瘍試食による発癌機構の追及について / 浜崎幸男・他 / p423~424
  • その1 8.ウイルス腫瘍に関する電顕的病理学的観察 / 天野重安 / p424~426
  • その1 9.家鶏肉腫の電顕的微細構造及びウイルス増殖について / 新保幸太郎 / p426~427
  • その1 10.人類並びに動物の癌組織にみられるVirus様小体について / 栗野亥佐武・他 / p428~428
  • その2 1.腫瘤形成前後におけるHeLa細胞のVirus感受性について / 喜多村勇・他 / p429~430
  • その2 2.癌並びに正常組織由来培養細胞の凍結保存と凍結前後におけるVirus感受性について / 喜多村勇・他 / p430~430
  • その2 3.ニューカッスル病ウイルスと腫瘍細胞 / 田中信男・他 / p430~433
  • その2 4.HVJによるエールリッヒ癌細胞の巨大多核化現象の機作について / 岡田善雄・他 / p433~435
  • その2 5.蛍光抗体法によるViral Oncolysisの研究 / 伊藤道夫・他 / p435~437
  • その2 6.制癌ウイルスの研究 / 宮沢政栄・他 / p437~439
  • その2 7.皮膚癌のウイルス療法 / 野口義圀・他 / p439~440,441~441
  • その2 8.イムペジン学説よりみたる腫瘍 / 藤浪修一・他 / p441~442
  • シンポジウムII癌の転移 / / p443~454,455~469,471~481,483~491,493~506
  • I.転移の形態学的様相 1.原発と転移との腫瘍細胞の核学的差異 / 前田真・他 / p443~445
  • I.転移の形態学的様相 2.脈管外通液路系による癌の拡がり方 / 山本政勝・他 / p445~448
  • I.転移の形態学的様相 3.癌の組織内転移と好銀線維の態度について / 北出文男・他 / p448~449
  • I.転移の形態学的様相 4.リンパ行性転移の成立に関する実験的研究 / 佐藤春郎・他 / p449~451
  • I.転移の形態学的様相 5.転移をおこしにくい癌腫の性状とその淋巴腺の変化について / 滝沢延次郎・他 / p451~452
  • I.転移の形態学的様相 6.腫瘍の肺臓内転移並びに進展様相 / 田内久・他 / p452~454
  • I.転移の形態学的様相 7.臓器細網肉腫の蔓延形式について / 芝茂・他 / p454~454,455~456
  • I.転移の形態学的様相 8.実験的マウスリンパ性腫瘍の転移と発生について / 平木潔・他 / p456~458
  • I.転移の形態学的様相 9.実験的胸膜腫瘍の移植と転移に関する研究 / 渡辺巖・他 / p458~458
  • II.転移と条件因子 1.癌細胞の表面物質と転移 / 寺山宏 / p459~460
  • II.転移と条件因子 2.剥落癌細胞の着床機転 / 沢田平十郎・他 / p460~461
  • II.転移と条件因子 3.術後癌転移及び癌増殖に関する研究 / 沢田平十郎・他 / p461~462
  • II.転移と条件因子 4.エールリッヒ腹水癌移植の肝転移に関する実験的研究 / 柳本行雄・他 / p462~463
  • II.転移と条件因子 5.2,3の条件因子の肝転移に及ぼす影響について / 原田稔・他 / p463~464
  • II.転移と条件因子 6.人血清の癌組織脱水素酵素系にたいする障害作用の本体とその転移における意義 / 竹内正七・他 / p464~467
  • II.転移と条件因子 7.転移と生体反応 / 大森幸夫・他 / p467~468
  • II.転移と条件因子 8.癌細胞の結合性と転移について / 山田喬・他 / p468~469
  • III.血中癌細胞 1.末梢血液中の癌細胞とその類似細胞について / 小野三郎・他 / p471~472
  • III.血中癌細胞 2.癌患者の末梢流血中の癌細胞 / 田崎勇三・他 / p472~474
  • III.血中癌細胞 3.肺癌患者における末梢血中癌細胞検出成績とその臨床的意義 / 鈴木千賀志・他 / p474~476
  • III.血中癌細胞 4.食道癌患者の末梢流血中の癌細胞について / 小林健次・他 / p476~477
  • III.血中癌細胞 5.婦人科領域における流血中悪性腫瘍細胞の検索 / 中西勉・他 / p477~480
  • III.血中癌細胞 6.悪性腫瘍の骨髄転移における臨床的観察 / 芳賀圭五・他 / p480~480
  • III.血中癌細胞 7.悪性腫瘍の骨髄転移の臨床的観察 / 長村重之・他 / p481~481
  • IV.転移の臨床 1.転移性悪性腫瘍の神経外科的考察 / 岩田金次郎・他 / p483~484
  • IV.転移の臨床 2.子宮頚癌の転移--特にリンパ節転移について / 三谷靖・他 / p484~487
  • IV.転移の臨床 3.子宮頚癌並びに悪性絨毛上皮腫の転移 / 田代仁男・他 / p487~488
  • IV.転移の臨床 4.子宮頚癌リンパ節転移に及ぼす諸因子の研究 / 岩井正二・他 / p488~489
  • IV.転移の臨床 5.乳癌の遠隔転移について / 堀井秀夫・他 / p489~490
  • IV.転移の臨床 6.胃癌患者体液の蛋白像に関する研究 / 田淵典久 / p490~491
  • V.転移と対策 1.実験的肝癌に対する抗癌剤の投与径路に関する研究 / 酒井克治・他 / p493~493
  • V.転移と対策 2.外科的立場からみた癌転移の治療 / 北川司良・他 / p494~494
  • V.転移と対策 3.血行性局所再発について / 草間悟・他 / p495~495
  • V.転移と対策 4.術前照射の実験的研究 / 鎌田忠夫・他 / p496~497
  • V.転移と対策 5.リンパ節転移癌に対する¹⁹⁸Au療法の効果 / 小野田孝治・他 / p497~498
  • V.転移と対策 6.放射線及び化学療法と腫瘍転移との関係 / 和田義夫・他 / p498~499
  • V.転移と対策 7.肺癌の放射線治療と転移 / 楢林和之・他 / p499~500
  • 示説 1.肝転移に関する2,3の知見 / 沢田平十郎・他 / p501~501
  • 示説 2.腫瘍細胞の染色体構成と組織浸潤性 / 吉田俊秀 / p501~502
  • 示説 3.泌尿器腫瘍組織中の淋巴沪胞について / 加藤篤二・他 / p502~502
  • 示説 4.縦隔に向つて発育せる原発性肺癌の2例 / 森川清実・他 / p502~503
  • 示説 5.皮膚転移をみた胃癌の2剖検例 / 小川滋・他 / p503~504
  • 示説 6.失明を主訴として来た悪性甲状腺腫の1例 / 山岸一一・他 / p504~505
  • 示説 7.再発胃癌の再手術の教訓 / 木元正二 / p505~506

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics
著作者等 医歯薬出版株式会社
篠原出版新社
篠原出版株式会社
書名ヨミ ガン ノ リンショウ = Japanese journal of cancer clinics
書名別名 Japan journal of cancer clinics

Japanese journal of cancer clinics

Gan no rinsho
巻冊次 6(7/8)(45)
出版元 篠原出版新社
刊行年月 1960-08
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 00214949
NCID AN00048401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想