聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting  87(69)

日本音響学会聴覚研究委員会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 31(1):2001.1.26-;本タイトル等は最新号による;本タイトルは「日本音響学会聴覚研究会資料」のこともあり;v. 40, no. 3までの並列タイトル: Transactions on Technical Committee of Psychological and Physiological Acoustics, the Acoustical Society of Japan;「音楽音響研究会資料」「電子情報通信学会技術研究報告」「建築音響研究会資料」等に収載のこともあり;[ ]-H-2000-119 (2000年12月10日) ; v. 31, no. 1 (2001年1月26日)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 音響心理学、及び音楽心理学のデモンストレーション教材 / 宮崎謙一 / p1~8
  • 内容梗概 / p1~1
  • 1.音波の波形 / p2~2
  • 2.可聴範囲 / p2~2
  • 3.複合音 / p2~2
  • 4.複合音の中の倍音の聴き取り / p2~2
  • 5.倍音唱法/奏法 / p2~2
  • 6.マスキング / p2~2
  • 7.スペクトル.構造と音色 / p3~3
  • 8.非調和的(inharmonic)複合音 / p3~3
  • 9.合成母音 / p3~3
  • 10.ピアノの音 / p3~3
  • 11.津軽三味線の音 / p3~3
  • 12.パイプオルガンの音 / p3~3
  • 13.振幅包格の効果 / p3~3
  • 14.ピッチ弁別 / p4~4
  • 15.2IFC手続きによるピッチ弁別 / p4~4
  • 16.Low pitch / p4~4
  • 17.循環音の実例 / p4~5
  • 18.音の流れの分離 / p5~5
  • 19.パターン内の音の分離 / p5~6
  • 20.複数の音の流れの分離 / p6~6
  • 21.2つの旋律(キラキラ星とFrere Jacque)の織り合わせ / p6~6
  • 22.ランダム音系列 / p6~6
  • 23.音楽における複合旋律の実例 / p6~6
  • 24.ターゲット音の捕捉 / p6~6
  • 25.周波数glideの効果 / p6~6
  • 26.音の強さの効果 / p6~7
  • 27.知覚的復元 / p7~7
  • 28.異なる音色の音からなる系列 / p7~7
  • 29.音色の違いによる音の流れの分離 / p7~8
  • 30.音楽の知覚的体制化における音色の効果 / p8~8
  • 31.音色よピッチによる多義的な体制化 / p8~8
  • 32.2-channel listening / p8~8
  • 33.音階の錯覚 / p8~8
  • 34.旋律の錯覚 / p8~8
  • 35.チャイコフスキー、交響曲第6番ロ短調「悲愴」第4楽章冒頭部 / p8~8

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting
著作者等 日本音響学会
日本音響学会聴覚研究会
日本音響学会聴覚研究委員会
書名ヨミ チョウカク ケンキュウカイ シリョウ = Proceedings of the auditory research meeting
書名別名 Transactions on Technical Committee of Psychological and Physiological Acoustics, the Acoustical Society of Japan

日本音響学会聴覚研究会資料

Proceedings of the auditory research meeting
巻冊次 87(69)
出版元 日本音響学会
刊行年月 1987
版表示 [DVD-ROM版]
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 13461109
NCID AN00227138
AA12147500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00096367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想