聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting  2000(89)

日本音響学会聴覚研究委員会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 31(1):2001.1.26-;本タイトル等は最新号による;本タイトルは「日本音響学会聴覚研究会資料」のこともあり;v. 40, no. 3までの並列タイトル: Transactions on Technical Committee of Psychological and Physiological Acoustics, the Acoustical Society of Japan;「音楽音響研究会資料」「電子情報通信学会技術研究報告」「建築音響研究会資料」等に収載のこともあり;[ ]-H-2000-119 (2000年12月10日) ; v. 31, no. 1 (2001年1月26日)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 意図の理解過程における談話展開と韻律の前ぶれ機能 / 柏崎秀子 東京工業大学留学生センター / p1~1
  • 1.はじめに / p2~2
  • 1-1.発話意図への着目 / p2~2
  • 1-2.前ぶれへの着目 / p2~2
  • 1-3.談話展開としての言語行動への着目 / p2~2
  • 2.目的 / p2~2
  • 3.談話の構成要素とその発現順序が快さ認知に与える影響 / p3~3
  • 3-1.目的 / p3~3
  • 3-2.方法 / p3~3
  • 3-3.結果と考察 / p3~3
  • 4.談話作成課題からみた前ぶれ談話の構成 / p4~5
  • 4-1.目的 / p4~4
  • 4-2.方法 / p4~4
  • 4-3.結果と考察 / p4~5
  • 4-3-1.談話の展開パターン / p4~4
  • 4-3-2.主要な構成要素と意図との関係 / p4~5
  • 4-3-3.日本語学習者の回答 / p5~5
  • 5.発話内容を予測させる韻律の役割の模索 / p5~5
  • 5-1.目的 / p5~5
  • 5-2.方法 / p5~5
  • 5-3.結果と考察 / p5~7
  • 5-3-1.記述作成された談話の内容 / p5~6
  • 5-3-2.韻律の印象 / p7~7
  • 5-3-3.音声波形分析による比較 / p7~7
  • 5-3-4.日本語学習者の回答との比較 / p7~7
  • 5.全体考察と今後の課題 / p7~7
  • 参考文献 / p7~8

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting
著作者等 日本音響学会
日本音響学会聴覚研究会
日本音響学会聴覚研究委員会
書名ヨミ チョウカク ケンキュウカイ シリョウ = Proceedings of the auditory research meeting
書名別名 Transactions on Technical Committee of Psychological and Physiological Acoustics, the Acoustical Society of Japan

日本音響学会聴覚研究会資料

Proceedings of the auditory research meeting
巻冊次 2000(89)
出版元 日本音響学会
刊行年月 2000-10
版表示 [DVD-ROM版]
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 13461109
NCID AN00227138
AA12147500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00096367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想