食はイスタンブルにあり : 君府名物考

鈴木董 著

東西文化の交錯する古都イスタンブル。その知られざる豊かな食の世界へ、オスマン帝国研究の権威であり、イスタンブルっ子よりも彼の地の食に通じた著者が誘う。歴史文化随想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古都は食をはぐくむ
  • 2 遊牧の遺産
  • 3 ケバブのみがトルコ料理にあらず
  • 4 イスタンブルの市場めぐり
  • 5 君府料理尽し
  • 6 貧者の給食
  • 7 トプカプ宮殿の台所
  • 8 スルタンの食卓
  • 9 祝祭の饗宴
  • 10 「土」風から「洋」風へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食はイスタンブルにあり : 君府名物考
著作者等 鈴木 董
書名ヨミ ショク ワ イスタンブル ニ アリ
書名別名 Shoku wa isutanburu ni ari
シリーズ名 気球の本 Around the world library
出版元 NTT
刊行年月 1995.7
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4871886018
NCID BN12832833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95069199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想