日本人の中東発見 : 逆遠近法のなかの比較文化史

杉田英明 著

日本と中東との歴史的・文化的相互接触の過程で、互いの認識やイメージがいかに形成され変容してきたか。文献・絵画・事物を駆使し、世界史を新たな構図の中で眺めるための糧を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 波斯と大食-古代・中世の文化交渉
  • 第2章 日本人の中東像の形成過程-徳川から近代へ
  • 第3章 近代中東世界の日本発見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の中東発見 : 逆遠近法のなかの比較文化史
著作者等 杉田 英明
書名ヨミ ニホンジン ノ チュウトウ ハッケン
書名別名 Nihonjin no chuto hakken
シリーズ名 中東イスラム世界 2
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.6
ページ数 312, 46p
大きさ 20cm
ISBN 4130250221
NCID BN12739678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95068599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想