罪と罰の法文化史

西川洋一 ほか編

[目次]

  • 律令国家変容期における「公民」概念-日本的「公私」観念の成立
  • 鎌倉幕府の殺害刃傷検断について
  • 検断沙汰の成立と検断システムの再編成
  • 明治初年の滞納処分における国税の自力執行力と優先権-明治五年太政官布告二八五号とその展開
  • 韓国の朝鮮王朝初期における中国刑法の適用
  • トゥールのグレゴリウスにおける国王の刑事裁判権
  • 訴訟の形式に従い判決の形式も調えられるべし-『グレゴリウス九世教皇令集標準註釈』の弾劾手続と糾問手続
  • 「客殺し」のインヴォルティーノ、ロマニスト風
  • リストの刑法学方法論
  • 決闘の法史と社会史-カイザーライヒを中心とする問題素描
  • 1200年と1300年-日欧比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪と罰の法文化史
著作者等 新田 一郎
水林 彪
西川 洋一
書名ヨミ ツミ ト バツ ノ ホウ ブンカシ
書名別名 Tsumi to batsu no ho bunkashi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.6
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4130311492
NCID BN12779129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95067001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想