法律家のみた日本古代千五百年史 : 古代天皇制誕生までの過程

山中順雅 著

本書は戦前の歴史教育を受けて育った弁護士である著者が、日々の訴訟活動の基礎である証拠主義・合理主義の考え方から歴史の客観的真実を求めて、日本の歴史を見つめ直したものである。日本史の源とされる『古事記』『日本書紀』を精査し、古代天皇制誕生までの課程を探究して、大きな歴史観・価値観の歪みを明らかにし、今なお続くアジア諸国への偏見を払拭する。法律のスペシャリストが説く、新しい日本の古代史観。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中国・朝鮮・倭(日本列島)の古代比較
  • 第2章 日本列島への渡来人
  • 第3章 皇帝専用語と天皇専用語
  • 第4章 邪馬台国と三角縁神獣鏡
  • 第5章 河内王朝の倭の五王
  • 第6章 継体王
  • 第7章 聖徳太子
  • 第8章 古事記・日本書紀をめぐる諸問題
  • 第9章 日本語と漢字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法律家のみた日本古代千五百年史 : 古代天皇制誕生までの過程
著作者等 山中 順雅
書名ヨミ ホウリツカ ノ ミタ ニホン コダイ センゴヒャクネンシ
書名別名 Horitsuka no mita nihon kodai sengohyakunenshi
出版元 国書刊行会
刊行年月 1995.5
ページ数 646, 6p
大きさ 22cm
ISBN 433603723X
NCID BN12598827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95065042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想