臨床医のための処方せんの書きかた

東京大学医学部附属病院薬剤部 編著

本書の前半では処方せんの記載に関して注意すべき点を例に示しながら述べ、後半では薬剤師が調剤する時に困った記載例や特別な服用をさせる場合の処方せんの書きかたの例を携載した。また付表として、医療用医薬品添付文書の用法・用量の項において、薬用量あるいは投与期間の上限を示す値が記載されている主な医薬品の一覧を収載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医薬品を投与する場合の一般的注意事項(保険診療の場合)
  • 処方せん記載上の留意事項
  • 実際の処方せんにみられた困った記載例
  • 経口糖尿病用剤を処方する場合に特に注意する記載例
  • 処方する場合に特に注意する記載例
  • 特別な服用方法を行う場合の記載例
  • 注射薬を処方する場合の記載例
  • 付表(医療用医薬品添付文書に制限量が記載されている主な医薬品一覧)
  • 資料(参照法令等)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 医薬品を投与する場合の一般的注意事項(保険診療の場合)
  • 2 処方せん記載上の留意事項(1)
  • 3 処方せん記載上の留意事項(2)
  • 4 実際の処方せんにみられた困った記載例
  • 5 経口糖尿病用剤を処方する場合に特に注意する記載例
  • 6 処方する場合に特に注意する記載例
  • 7 特別な服用方法を行う場合の記載例
  • 8 注射薬を処方する場合の記載例
  • 9 附表1(医療用医薬品添付文書に制限量が記載されている主な医薬品一覧)
  • 10 附表2(1回90日分の投与が認められている内服薬一覧)
  • 11 資料(参照法令等)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床医のための処方せんの書きかた
著作者等 東京大学医学部附属病院
東京大学医学部附属病院薬剤部
書名ヨミ リンショウイ ノ タメノ ショホウセン ノ カキカタ
出版元 文光堂
刊行年月 1995.5
版表示 改訂第3版.
ページ数 76p
大きさ 21cm
ISBN 4830603151
NCID BN11100239
BN12631660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95061898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想