家族-その変化と未来

日本家族心理学会 編

[目次]

  • 論説(わが国の中流家庭-その変化と未来)
  • シンポジウム(家族-その変化と未来 シンポジウムのはじめに
  • ぼくと家族心理学
  • 家族の立場からみた登校拒否 ほか)
  • 教育講演(しろうと理論の展望-日常性の社会心理学
  • 末期医療と家族援助)
  • 研究論文(青年の進路形成と家族
  • 学校健康相談における家族への支援 ほか)
  • 研究情報(家族をありのままに見る方法)
  • 招待論文(家族社会学からみた現代日本家族の変動)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族-その変化と未来
著作者等 日本家族心理学会
書名ヨミ カゾク ソノ ヘンカ ト ミライ
書名別名 Kazoku sono henka to mirai
シリーズ名 家族心理学年報 13
出版元 金子書房
刊行年月 1995.5
ページ数 262p
大きさ 21cm
ISBN 4760822771
NCID BN12582984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95059935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想