金の文化誌

荒木信義 著

歴史の始まりから現代にいたるまで、黄金は人間と深くかかわってきた。黄金は、その崇高な美で王者の権威をいろどり、財力として強大な権力の支えとなった。また、ゆるぎない価値の象徴として通貨と結びついた黄金は、世界の経済発展の重要な背景となる。-美と財が一つにとけあう黄金をテーマに、文化と経済の両側面から人類のあゆみをふり返るユニークな試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界の金と通貨(黄金の夢-古代・中世の金
  • 近世の幕開けと金
  • 金本位の世紀
  • 両大戦間の金
  • 第二次大戦後の金)
  • 2 日本の金と通貨(黄金の国ジパング
  • 日明貿易と金閣寺
  • 戦国武将と金
  • 江戸時代の経済政策
  • 開国と金の大流出
  • 円と金)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金の文化誌
著作者等 荒木 信義
書名ヨミ キン ノ ブンカシ
シリーズ名 丸善ライブラリー 126
出版元 丸善
刊行年月 1994.6
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4621051261
NCID BN10892266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95059906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想