年貢を納めていた人々 : 西洋近世農民の暮し

坂井洲二 著

大学町チュービンゲン市と、それをとりまくいくつかの農村をモデル・ケースに、近世西欧経済の担い手であった農民の姿を、実地見聞と具体的な史資料をもとに生き生きと再現する。農業の歴史から衣・食・住、家族、教会の役割、共同体意識まで、トイレの型式から精神生活におよぶ暮しの総体を描く。わが国との比較をもまじえつつ展開する坂井民俗学近世篇。

「BOOKデータベース」より

近世西欧経済の担い手であった農民たちの暮し-トイレの型式から精神生活におよぶその具体相を生き生きと再現し、わが国近世との比較文化論的考察を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 肥のにおい
  • 2 農業の歴史
  • 3 衣・食・住
  • 4 家族
  • 5 教会の役割
  • 6 共同体意識

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 肥のにおい
  • 2 農業の歴史
  • 3 衣・食・住
  • 4 家族
  • 5 教会の役割
  • 6 共同体意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年貢を納めていた人々 : 西洋近世農民の暮し
著作者等 坂井 洲二
坂井 州二
書名ヨミ ネング オ オサメテイタ ヒトビト
シリーズ名 教養選書 69
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.3
版表示 新装版
ページ数 379, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4588050699
NCID BN12359393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95058064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想