条里制

落合重信 著

「条里制とは何か」「条里制の歴史的意義」の二部に分ち、条里制を単に地割の復原に終らせることなく、これを生産力の問題としてその社会関係を追究し、古代史に組入れることに努力されたもので、著者積年の研究成果の集体制。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 条里制とは何か(条里制は遺構として今日各地に存在している
  • 従来の条里制研究 ほか)
  • 2 条里制の歴史的意義(原始から古代への移行
  • 生産力の進展 ほか)
  • 3 条里制研究文献目録(全般にわたるもの
  • 国別)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 条里制
著作者等 日本歴史学会
落合 重信
書名ヨミ ジョウリセイ
書名別名 Jorisei
シリーズ名 日本歴史叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1995.6
版表示 新装版
ページ数 262, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4642066136
NCID BN0338633X
BN12571591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95058035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想