森川達也評論集成  6

森川 達也【著】

世界が病み、真の宗教が最喫緊事とされる今、深玄な仏教思想の中でも難解で知られる「大乗起信論」をテキストにした「山でら読書会」の試みは、卑近な事例から仏教の真の心根を巧みな話法で説いて誤りなく、いのちと存在の見極めにブッディストとしての深い洞察を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「菩提樹」
  • 「天頂」
  • 「造地獄」の眼-私と「歎異抄」
  • 山でら読書会-「大乗起信論」をよむ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森川達也評論集成
著作者等 森川 達也
書名ヨミ モリカワ タツヤ ヒョウロン シュウセイ
書名別名 いのちと<永遠> : 宗教への希求
巻冊次 6
出版元 審美社
刊行年月 1995.5
ページ数 499p
大きさ 20cm
ISBN 4788380064
NCID BN12989711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95057293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想