「気」で読む中国思想

池上正治 著

神話の時代から二十世紀末の現代に至るまで、中国思想史の流れのなかで、「気」はいかに捉えられてきたか。「気」の概念の誕生から、その深化と多彩な展開のプロセスを跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「気」の概念の誕生
  • 2 「気」の爆発的な展開
  • 3 「気」の深化と仏教の浸透
  • 4 「気」をめぐる儒教、道教、仏教
  • 5 「気」と理、性、心の関係
  • 6 「気」のさらなる多様化
  • 7 「気」がむかえた終焉
  • 8 「気」の質的な変化
  • 9 「気」と現代中国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「気」で読む中国思想
著作者等 池上 正治
書名ヨミ キ デ ヨム チュウゴク シソウ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.3
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4061492446
NCID BN12260423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95044905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想