心理学における3次元視研究

林部敬吉 著

本書は、人間がどのように立体や奥行など3次元特性を知覚できるのかについて、心理学の立場からのこれまでの研究成果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 3次元視知覚研究の系譜
  • 2 人間の3次元視知覚の研究技法
  • 3 動物の3次元視知覚の研究技法
  • 4 運動視差立体視
  • 5 運動要因による3次元視
  • 6 両眼立体視のしくみ
  • 7 絵画的要因による3次元視
  • 8 人間の3次元視の発生と発達
  • 9 動物の3次元視能力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学における3次元視研究
著作者等 林部 敬吉
書名ヨミ シンリガク ニ オケル サンジゲンシ ケンキュウ
書名別名 Shinrigaku ni okeru sanjigenshi kenkyu
出版元 酒井書店
刊行年月 1995.2
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4782202601
NCID BN12386807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想