世界大戦下の独逸農業生産

フリードリッヒ・エレボー 著 ; 沢田収二郎, 佐藤洋 訳

原タイトル: Der Einfluss des Krieges auf die landwirtschaftliche Produktion in Deutschland

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 世界大戰下の獨逸農業生產 フリードリッヒ・エレボー著
  • 目次
  • 第一篇 世界大戰前に於ける獨逸農業の自然的、歷史的、經濟的基礎事情の瞥見 / 1
  • 一 獨逸農業の自然的基礎事情 / 1
  • 二 獨逸農業の社會的基礎事情 / 5
  • 三 獨逸農業の經濟的基礎事情並に大戰勃發前百年間に於けるその發展 / 9
  • 第二篇 世界大戰下の獨逸農業生產 / 32
  • 一 序 / 32
  • 二 大戰中に於ける農業勞働力・役畜・機械の問題 / 35
  • 三 肥料の不足とその對策 / 44
  • 四 飼料の不足とその對策 / 53
  • 五 大戰中に於ける油料作物及び纎維作物作の奬勵 / 72
  • 六 大戰中に於ける園藝作物の奬勵 / 83
  • 七 耕作事情及び收穫に及ぼせる影響(附副業の問題) / 92
  • 八 獨逸農業の崩壞と强制經濟 / 110
  • 第三篇 世界大戰後の獨逸農業生產 / 119
  • 一 割當經濟 / 119
  • 二 インフレーシヨン時代に於ける農產物及び農業資材の價格騰貴とその農業生產に對する影響 / 125
  • 三 革命及びインフレーションの獨逸農業勞働及び賃銀事情に及ぼせる影響 / 135
  • 四 戰後に於ける農業勞働者の住宅狀況とその作業能率に及ぼせる影響 / 153
  • 五 革命後に於ける小作關係の發展 / 166
  • 六 戰後の獨逸農業に於ける敎育制度及び相談制度の改善 / 174
  • 七 戰後に於ける農業信用制度の發展 / 189
  • 八 獨逸農業生產復興の爲の最近の努力 / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界大戦下の独逸農業生産
著作者等 Aereboe, Friedrich
佐藤 洋
沢田 収二郎
フリードリッヒ・エレボー
書名ヨミ セカイ タイセンカ ノ ドイツ ノウギョウ セイサン
書名別名 Der Einfluss des Krieges auf die landwirtschaftliche Produktion in Deutschland

Sekai taisenka no doitsu nogyo seisan
出版元 帝国農会
刊行年月 昭15
ページ数 218p
大きさ 23cm
NCID BN14866803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47036414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想