人格の成層論

エーリヒ・ロータッカー 著 ; 北村晴朗 監訳

ギリシア以来の伝統をもつ人間の魂(心)の構造についての成層説を、哲学的論議をきびしく控えた上で、生物科学や心理学の資料を駆使し発展させた独創的な人格理論・人間論。人間のあらゆる行動や意識体験の全体を日常生活の観察・分析から根源的に説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発達と成層
  • 体験と意識性
  • 自我‐機能
  • 生命層、植物層および情動層-人間の内の「生」
  • 「動物的」エスの諸反応
  • 深層人と環境世界
  • 「心情をもつ」深層人
  • 人間層
  • 心的諸機能の層形成
  • 形像と希求動向の検閲および環境世界の問題についての補説〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人格の成層論
著作者等 石川 信一
Rothacker, Erich
北村 晴朗
大久保 幸郎
針生 亨
ロータッカー エーリヒ
書名ヨミ ジンカク ノ セイソウロン
書名別名 Die Schichten der Persönlichkeit. 6.Aufl

Jinkaku no seisoron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 471
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.2
ページ数 221, 39p
大きさ 20cm
ISBN 4588004719
NCID BN12140228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95041633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想