摘録鸚鵡篭中記  上

朝日重章 著 ; 塚本学 編注

尾張藩士、朝日重章の貞享元年(1684)-享保二年(1717)まで34年間の日記。書名は鸚鵡の口真似のようにあらゆる見聞をそのまま書いたことに由来する。藩士生活の実態や赤穂浪士の討入りを伝える興味深い記事を摘録。上巻には宝永元年(1904)まで収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 貞享元(1684)年
  • 貞享二(1685)年
  • 貞享三(1686)年
  • 貞享四(1687)年
  • 貞亨五・元禄元(1688)年
  • 元禄二(1689)年
  • 元禄三(1960)年
  • 元禄四(1691)年〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摘録鸚鵡篭中記
著作者等 塚本 学
朝日 重章
書名ヨミ テキロク オウム ロウチュウキ
書名別名 元禄武士の日記

Tekiroku omu rochuki
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.1
ページ数 373p
大きさ 15cm
ISBN 4003346319
NCID BN11912904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95040119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想