音楽の文化史 : 音楽の起源

橘西路 著

付: 現存するギリシャ音楽の楽譜

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • 第一部 歌の生立ち--音楽の先史時代と歴史時代--
  • 一 音楽史料の特殊性 / p14
  • 二 史料としての楽譜、楽器、文献 / p17
  • 三 史料としての民俗音楽 / p24
  • 四 先史音楽の探求 / p27
  • 五 音楽の素材の問題 / p29
  • 六 文字と音符の生立ち / p36
  • 七 芸術の素材と記録の素材 / p39
  • 八 記憶による伝承 / p43
  • 九 民謡の創造的伝承 / p48
  • 十 隠れた音楽史から表向きの音楽史へ / p60
  • 十一 音楽と詩の連帯性 / p62
  • 十二 古代・近代における音楽的教養の相違 / p64
  • 十三 ホメロスの問題 / p68
  • 十四 オルペウスの神話 / p73
  • 十五 即興音楽 / p79
  • 十六 詩=音楽の誕生 / p83
  • 十七 詩=音楽における創造的伝承の経過と帰結 / p87
  • 第二部 音楽と生活--音楽的教養と音楽的社会--
  • 一 原始社会と文明社会の音楽生活 / p94
  • 二 音楽的教養とは何か / p99
  • 三 ギリシャ人の音楽生活 / p104
  • 四 ギリシャ人の音楽教育 / p110
  • 五 音楽的環境のよりどころ / p115
  • 六 ギリシャ音楽史の優越性 / p118
  • 七 ギリシャ人の道徳生活 / p121
  • 八 音楽と道徳 / p125
  • 九 音楽的倫理の起源 / p131
  • 十 音楽的倫理が普遍化するための一つの条件 / p134
  • 十一 音楽的倫理のありかた / p137
  • 十二 古代・近代の音楽の比較 / p141
  • 十三 近代におけるギリシャ音楽の影響 / p144
  • 十四 古代音楽がそのまま復活したならば / p152
  • 十五 古代の歴史から類推される近代音楽の運命 / p161
  • 十六 われわれは古代の音楽史から何を学ぶか / p162
  • 結語 音楽文化史について / p172
  • 註 / p194
  • あとがき / p202
  • 付録 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 音楽の文化史 : 音楽の起源
著作者等 橘 西路
書名ヨミ オンガク ノ ブンカシ : オンガク ノ キゲン
書名別名 Ongaku no bunkashi
シリーズ名 角川新書
出版元 角川書店
刊行年月 1961
ページ数 205, 13p
大きさ 18cm
NCID BN11924528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61004447
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想