スパイM

小林峻一, 鈴木隆一 著

党の資金・組織を一手に握る最高幹部として戦前の非常時共産党を指揮、あえて大森銀行ギャング事件までやってのけた特高スパイMの複雑な心理構造を分析した異色のドキュメント。日本共産党の歴史的文献として、また、"スパイ"の人間研究レポートとして出色の作品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最後の賭け-熱海事件と非常時共産党の壊滅
  • 第2章 モスクワへの道-生い立ちからクードベ留学まで
  • 第3章 転回点-武装共産党時代
  • 第4章 背信と謀略-非常時共産党の再建と躍進
  • 第5章 闇の帝王-銀行ギャング事件
  • 第6章 転生-熱海事件以後、死まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スパイM
著作者等 小林 峻一
鈴木 隆一
書名ヨミ スパイ エム
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1994.12
ページ数 350p
大きさ 16cm
ISBN 4167459027
NCID BN1229293X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95033740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想