服飾の中世

徳井淑子 著

マント、手袋、袖、黄・緑・青の衣服、紋様、素材が社会・人間関係にシンボリックな意味をもった西欧中世。その心性を文学、絵画に探り、十九世紀ロマン派の異装、中世趣味にも迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中世の色彩感情
  • 第2部 中世服飾の象徴性
  • 第3部 近代の中世趣味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 服飾の中世
著作者等 徳井 淑子
書名ヨミ フクショク ノ チュウセイ
書名別名 Fukushoku no chusei
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.1
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 4326851341
NCID BN12122113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想