無意識的身体像  2

フランソワーズ・ドルト 著 ; 榎本譲 訳

なぜ人は、こうありたいと希求するように自己の心身像を形づくることがむずかしいのか。ドルト女史が示す児童精神分析の臨床は、この欲望する主体がおのれの身体と結びあう「契り」の神秘な秘密、何度も息を吸い、着想を広げかさねながら、生きつつある者としての契りを更新する子どもの「いのちの像」をみごとに伝えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部 身体像の病理と精神分析的臨床(身体像が変形する初期の危険性
  • 口唇期<歩行および発話以前の時期>-離乳の失敗
  • 口唇期、肛門期、およびその後の一次去勢までの時期
  • 潜在期における身体像の病理<エディプス・コンプレックスが適宜解消された後の時期>
  • ヒステリーと心身症
  • 負債と相続-親から子に伝わる苦しみ 想像上の苦しみから現実の苦しみへ
  • 身体像の障害の臨床例一覧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無意識的身体像
著作者等 Dolto, Françoise
榎本 譲
Dolto Francoise
ドルト フランソワーズ
書名ヨミ ムイシキテキ シンタイゾウ
書名別名 L'image inconsciente du corps

子供の心の発達と病理
巻冊次 2
出版元 言叢社
刊行年月 1994.6
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4905913497
NCID BN11019196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95027603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想