充填

竹花庄治 著

[目次]

  • 目次
  • 総論 / p1
  • 第1章 充塡とは / p1
  • 第2章 充塡の目的と充塡物の持つている役目 / p2
  • 第3章 充塡の分類 / p3
  • (1) 充塡材品の性状による種類 / p3
  • (2) 充塡材品の数による種類 / p3
  • (3) 充塡の期間による種類 / p3
  • (4) 充塡材品の名称による種類 / p4
  • 第4章 窩洞 / p5
  • 第1項 窩洞とは / p5
  • 第2項 窩洞の種類及び名称 / p5
  • (1) 窩洞の種類 / p5
  • (2) 窩洞の名称 / p5
  • (3) 窩洞各部の名称 / p6
  • 第5章 インレー保持,脱落の因子 / p9
  • (1) インレー脱落の因子 / p9
  • (2) インレー保持の因子 / p9
  • 第6章 インレー体調製時の諸注意 / p10
  • (1) 辺縁閉鎖 / p10
  • (2) 辺縁清浄対策 / p10
  • (3) 確実な接触点の形成 / p10
  • 各論 / p13
  • 第1章 セメント / p13
  • 第1項 セメントとは / p13
  • 第2項 歯科用セメントの種類とその適応 / p13
  • 第3項 燐酸セメント / p13
  • (1) 燐酸セメントの性状 / p13
  • (2) 煉和充塡用具 / p14
  • (3) 煉和 / p14
  • (4) 塡塞又は盛り上げ / p15
  • 第4項 硅燐酸セメント / p17
  • (1) 硅燐酸セメントの性状 / p17
  • (2) 煉和用具 / p17
  • (3) 煉和 / p17
  • 第2章 アマルガム / p19
  • 第1項 アマルガムとは / p19
  • 第2項 アマルガムの種類 / p19
  • 第3項 銅アマルガム / p19
  • (1) 銅アマルガムの性状 / p19
  • (2) 合金と水銀の配合煉和 / p20
  • (3) 水銀の搾除 / p22
  • (4) 塡塞 / p22
  • 第3章 陶材インレー / p24
  • 第1項 陶材インレーとは / p24
  • 第2項 陶材の種類及び性状 / p24
  • 第3項 陶材インレーの調製法 / p25
  • (1) 窩洞印象及びメトリツクスの調製 / p25
  • (2) 築造及び窯焼 / p25
  • 第4章 レジンインレー / p28
  • 第1項 レジンインレーとは / p28
  • 第2項 レジンの性状 / p28
  • 第3項 レジンインレーの調製法 / p28
  • (1) 窩洞印象 / p28
  • (2) 埋没 / p29
  • (3) レジン塡入重合 / p29
  • (4) 研磨 / p31
  • 第5章 メタルインレー / p32
  • 第1項 メタルインレーとは / p32
  • 第2項 メタルインレーの種類 / p32
  • 第3項 メタルインレー調製法 / p35
  • (1) ワツクス原型調製 / p35
  • (A) 窩洞印象用トレーの作製 / p35
  • (B) 歯型調製 / p35
  • a) アマルガム歯型 / p36
  • b) セメント歯型 / p37
  • c) 硬石膏歯型 / p38
  • (C) 咬合模型調製 / p38
  • a) 歯型可撤式模型 / p38
  • b) 歯型固着式模型 / p39
  • c) 単純模型 / p40
  • (D) ワックス原型の形成採得 / p41
  • (2) 埋没鋳造 / p43
  • (A) 埋没 / p43
  • a) 鋳込線の植立 / p43
  • b) 円錐台への植立 / p44
  • c) ワツクス原型の洗滌 / p45
  • d) 埋没材の煉和 / p45
  • e) 埋没 / p47
  • (B) 加熱乾燥 / p48
  • (C) 鋳造 / p50
  • a) 圧迫鋳造 / p51
  • b) 遠心鋳造 / p52
  • c) 吸引鋳造 / p53
  • (3) 研磨 / p54

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 充填
著作者等 竹花 庄治
書名ヨミ ジュウテン
シリーズ名 歯科技工全書
出版元 医歯薬
刊行年月 1956
ページ数 55p
大きさ 21cm
NCID BA50614234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56006811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想