進化論と生物哲学

エルンスト・マイア [著] ; 八杉貞雄, 新妻昭夫 訳

現代進化生物学の第一人者マイアの深い学識と思索の結晶。生物学における因果関係と目的論、分子生物学と進化論、進化における自然選択と適応、生命形態の多様性をもたらした過程、さらには、地球外生命体の可能性、人間倫理の進化学的基盤などなど、生物学と現代思想に重大なインパクトを与えるエッセイ25編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 哲学
  • 第2部 自然選択
  • 第3部 適応
  • 第4部 ダーウィン
  • 第5部 種
  • 第6部 種分化
  • 第7部 大進化
  • 第8部 歴史的な展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 進化論と生物哲学
著作者等 Mayr, Ernst
八杉 貞雄
新妻 昭夫
MAYR ERNST
マイア エルンスト
書名ヨミ シンカロン ト セイブツ テツガク
書名別名 Toward a new philosophy of biology

一進化学者の思索

Shinkaron to seibutsu tetsugaku
出版元 東京化学同人
刊行年月 1994.11
ページ数 545, 60p
大きさ 20cm
ISBN 480790423X
NCID BN11786129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95020108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想