駐米大使野村吉三郎の無念 : 日米開戦を回避できなかった男たち

尾塩尚 著

着せられた汚名。戦後、「騙し討ち」の責任を一身に負わされた駐米大使野村。だが果たして真実は-。新資料に基づき、日米交渉の意外な舞台裏、野村を支えたアメリカ人外交顧問との友情をいきいきと描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 開戦五十周年
  • 第1章 太平洋の暗雲
  • 第2章 隻眼の提督
  • 第3章 「遥かなる風景」
  • 第4章 太平洋の嵐
  • 第5章 日本大使館・開戦前夜
  • 第6章 ワシントン大使館・苦悩の日々
  • 第7章 迫りくる嵐
  • 第8章 運命の日
  • 第9章 友情
  • 終章 サウス・パーク墓地から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駐米大使野村吉三郎の無念 : 日米開戦を回避できなかった男たち
著作者等 尾塩 尚
書名ヨミ チュウベイ タイシ ノムラ キチサブロウ ノ ムネン
書名別名 Chubei taishi nomura kichisaburo no munen
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1994.11
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 4532161479
NCID BN11912460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95019932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想