武士団と村落

豊田武 著

本書は、中世武士社会を構成する族的結合と惣領制、村落生活と農業経営等々、重要諸問題を広汎な視野から問題点を整理して懇切に説き、封建制成立の諸事情を解明する。中世の武家社会を理解のための、無二の指針を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 武士団の結成
  • 2 武士の落村支配
  • 3 武士団の族的結合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士団と村落
著作者等 日本歴史学会
豊田 武
書名ヨミ ブシダン ト ソンラク
書名別名 Bushidan to sonraku
シリーズ名 日本歴史叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1994.12
版表示 新装版
ページ数 296, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4642066039
NCID BN03000680
BN03723917
BN03963182
BN11736346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95019819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想