日本生活文化史序論

芳賀登 著

本書は社会的要求に応えるために、生活文化史の方法的提案、研究例を示すことによって、日本生活文化史の発展に寄与しようと志したものであり、風と俗のあり方を本書で整えようとする志しをもっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 方法論的考察(日本文化史の視点
  • 生活文化史序論
  • 庶民文化史の立場 ほか)
  • 第2編 史料探査と研究の例(江戸後期庶民文化の勃興
  • 学問のありようから見る生活文化
  • 江戸の庶民文芸 ほか)
  • 第3編 通史的研究-文明開化以降の生活史(日常生活での文明開化
  • 都市の市民生活-和洋二重生活の構造
  • 市民文化の育成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本生活文化史序論
著作者等 芳賀 登
書名ヨミ ニホン セイカツ ブンカシ ジョロン
書名別名 歴史学を人々に

Nihon seikatsu bunkashi joron
出版元 つくばね舎
刊行年月 1994.10
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 492483615X
NCID BN11720415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95016902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想