狼たちの伝説

五木寛之 著

かつてこの国の男たちが飢えた狼のように痩せており、目ばかりギラギラ輝かせていた時代があった。テレビはまるで映画に蔑視されており、レコードは黒いドーナツ盤とLPで、ものを創る男たちはボロボロになるまで肉体と精神をさいなみ続けて戦っていた。東京に戦後の影が残っていた時代、男たちの横顔に一種危険な匂いが漂っていた時代、日常にヒーローが確かに存在していた時代。'60sと'70s-。そして季節はやがて去ってゆく。これはそんな過ぎ去った日々に生きた、孤独な狼たちのセピア色の物語である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狼たちの伝説
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ オオカミタチ ノ デンセツ
書名別名 Ookamitachi no densetsu
シリーズ名 The best selection of '60s & '70s stories
出版元 光文社
刊行年月 1994.10
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 4334922392
NCID BN11903084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想