情報検索論 : 認知的アプローチへの展望

David Ellis 原著 ; 細野公男 監訳

過去40年にわたって図書館・情報学やコンピュータ・サイエンスの分野を中心に、情報検索に係わるさまざまな取組みがなされ、多くの成果が得られてきた。本書は、このような成果のうち、情報検索研究に焦点を当て、基本的・代表的な概念、モデル、手法、システムをわかりやすく紹介・解説し、将来への展望を示す。歴史的に有名なCranfield実験を現代の視点からとらえて検証することから始め、さまざまな仲介者エキスパート・システムを紹介・分析し、MEMEX、TINman、Xanadu,NLS/Augmet、NoteCards、HyperCard、Guide、…を例にとり、ハイパーテスキトの可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章 情報検索研究の起源
  • 2 統計的・確率的検索
  • 3 利用者の認知モデルの構築
  • 4 仲介者エキスパート・システム
  • 5 ハイパーテキストの可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報検索論 : 認知的アプローチへの展望
著作者等 Ellis, David
斎藤 泰則
村上 泰子
細野 公男
鈴木 志元
書名ヨミ ジョウホウ ケンサク ロン
書名別名 New horizons in information retrieval

Joho kensaku ron
出版元 丸善
刊行年月 1994.10
ページ数 180p
大きさ 21cm
ISBN 4621040081
NCID BN11508385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95010871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想