ユーカリの森に生きる : アボリジニの生活と神話から

松山利夫 著

オーストラリア建国から200年、この国の先住民には、いまも語り継がれる神話がある。その壮大なイメージの宇宙に、狩猟採集民の〔野生の哲学〕をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アーネムランド-アボリジニの大地
  • 第2章 ジナン族の暮らし-ガマディむらにて
  • 第3章 狩りと食糧-豊饒の儀礼と食物規制
  • 第4章 狩人たちの財産-ガマディむらと貨幣経済
  • 第5章 豊かなイメージの宇宙-樹皮画と彫刻
  • 第6章 精霊と人の交渉
  • 第7章 生きている神話-ジナン族の故地をめぐる論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーカリの森に生きる : アボリジニの生活と神話から
著作者等 松山 利夫
書名ヨミ ユーカリ ノ モリ ニ イキル
シリーズ名 NHKブックス 697
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.5
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4140016973
NCID BN10738244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想